社会福祉法人東広島社会福祉協議会ホームページへようこそ
 
ホーム > 行事報告「ふれあいアルバム」

行事報告「ふれあいアルバム」

被災者生活サポートボランティアセンター設置・運営訓練を実施しました! (2012-08-28)


住民(被災者)の相談を受付ける「ニーズ受付班」

 大規模な災害が発生した際に、被災者の生活を速やかにサポートできる体制づくりを行うため、7月22日に東広島市総合福祉センターにおいて、「被災者生活サポートボランティアセンター」の設置・運営訓練を実施しました。


ボランティア活動者の登録を行う「ボランティア受付班」

ニーズとボランティアを結びつける「活動調整班」

ボランティア活動に入る前に行うオリエンテーション

活動に必要な資機材や車両を調整する「車両資材班」

被災者生活サポートボラネット推進委員会(模擬会議)の様子

社協内部の緊急連絡調整会議(模擬会議)の様子

要援護者対応部門の会議の様子

参加者全体での振り返り

 当日は、被災者生活サポートボラネットの構成メンバーや社協職員等、約130人が訓練に参加。
 「大雨で市内300戸が床上浸水した」との想定で、被災者役の住民からの相談(ニーズ)受付やボランティア活動希望者の登録、ニーズとボランティアの活動調整(マッチング)等の動きを体験し、災害時に設置・運営するボランティアセンターの流れとイメージを共有しました



*タイトルをクリックすると詳細をご覧になれます。