社会福祉法人東広島社会福祉協議会ホームページへようこそ
 
ホーム > 権利擁護センター

権利擁護センター

日常生活上の判断に不安のある方(認知症高齢者や知的障害・精神障害のある方、あるいは高齢身体障害等で日常的金銭管理が困難な方)が地域で安心して生活できるように、法人後見事業と福祉サービス利用援助事業「かけはし」生活あんしんサポート事業でトータルにお手伝いいたします。

権利擁護センターで行う「4つの事業」

法人後見事業

東広島市に在住している方で認知症や知的障害、精神障害など判断能力が不十分な方の財産や権利を守るために、東広島市社会福祉協議会が法人後見人となり、法律に従って財産管理や契約などを行うことで、本人が安心して生活できるよう支援します。

成年後見制度とは
判断能力が不十分な方が、各種契約や手続を行うときに、不利な契約を結ばないよう法律的に支援し、自己決定を尊重してその権利や財産を守ることを目的とした制度です。

福祉サービス利用援助事業「かけはし」

一人でものごとを決めることが不安な人に対して、契約を結ぶことにより、日々の暮らしに必要な福祉サービスの利用手続きやお金の管理のお手伝いをして、安心して暮らせるよう支援する事業です。

生活あんしんサポート事業
成年後見制度やかけはしの対象とならない方で、身体的な理由などで、外出が困難な方を対象に、日常生活に必要な預貯金の出し入れ、医療費、税金等の支払いの代行などを行います。
また、大事な通帳等の書類、印鑑や証書等を社協が契約する金融機関の貸金庫でお預かりします。
サービス内容
  • 福祉サービスを安心して利用できるようにお手伝いをします。
  • 毎日の暮らしに欠かせない、お金の出し入れをお手伝いします。
  • 大切な通帳や証書などを安全な場所で預かります。
利用料
福祉サービス等の利用手続き
日常的な金銭管理等のお手伝い
※生活保護世帯の方は無料
1500円/1回
(2時間程度)
日常的金銭管理に関わる通帳等のお預かり 1500円/月
通帳や印鑑、証書等のお預かりサービス 1500円/月

権利擁護についての相談や関係機関との連携

  • 成年後見制度の利用についての相談や申立ての支援を行います。
  • 経済的虐待についての相談や関係機関との連携を行います。
  • 行政・地域包括支援センター・はあとふる・各サービス事業所・民生委員児童委員などの成年後見制度に関する機関との連携、協働します。
  • 専門職(弁護士等)とも連携し、困難な問題に対応できるネットワークを構築します。

成年後見制度の普及啓発

  • 研修会・相談会を開催します。
  • 成年後見制度について、住民・関係機関・専門職に理解をすすめ利用促進を図るため、出前講座を行います。


※PDFファイルを見るためには、Adobe Readerをダウンロードしてください。
【ご相談・お問合せについて】
お気軽にご相談ください。
  • 東広島市社会福祉協議会 権利擁護センター  TEL(082)423-2800