社会福祉法人東広島社会福祉協議会ホームページへようこそ
 
ホーム > はいかいSOS

はいかいSOS

認知症の病状の一つとして、徘徊があります。
外出したまま帰宅できなくなり、行方不明になるケースや、最悪の場合人命に関わるケースもあります。
こうした事故から守ろうと、「はいかいSOS事業」をスタートしました。

はいかいSOSの取り組み 「日ごろから 地域で見守る!」

取組内容

地区社協や地域サロン等、地域の協力者と日頃から見守りや声かけができる地域づくりを目指します。また、「はいかい」があっても地域で早期発見が出来るお互いさまの仕組みを構築していきます。

連携団体

  • 地区社会福祉協議会
  • 地域サロン
  • 民生委員児童委員協議会
  • 認知症の人と家族の会「やすらぎ会」
  • 東広島市社会福祉協議会

はいかいSOSの取り組み 「東広島警察署と連携した捜索」

取組内容

家族介護者から東広島警察署に捜索の依頼が入った場合、警察署から社会福祉協議会に連絡が入ります。
社会福祉協議会は連絡を受け、社協の支所や市内42施設で構成される社会福祉施設連絡協議会へ協力の連絡をすると同時に地域の方へ協力をいただき、行方不明者の早期発見を目指していきます。
認知症高齢者等家族介護者からの相談時

行方がわからなくなったとき
家族が警察へ連絡

警察から社会福祉協議会へ連絡が入ります。
社会福祉協議会より、連携団体へ協力依頼
※タクシー会社や、バス会社等は警察から連絡
発見者が警察へ連絡
警察から家族の方へ報告

連携団体

  • 東広島警察署
  • 東広島市社会福祉施設連絡協議会
  • 居宅介護支援事業所等
はいかいSOSの取り組み
【ご相談・お問合せについて】
  • 東広島市社会福祉協議会 企画福祉課  TEL(082)422-4075
または、お近くの支所までお気軽にご相談ください。