社会福祉法人東広島社会福祉協議会ホームページへようこそ
 
ホーム > 赤い羽根共同募金 > 概要

赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金は「じぶんの町を良くするしくみ。」をスローガンに、民間の社会福祉の増進を目的として行われている募金運動です。
募金運動は毎年10月1日〜12月31日に行われます。地域の皆さまからの募金は、東広島市共同募金委員会から広島県共同募金会へと集められ、福祉団体や福祉施設を通じて地域の振興のために役立てられます。
皆さまのご協力をお願いします。

概要

赤い羽根共同募金の始まり

共同募金運動は、戦後間もない1947(昭和22)年に「国民たすけあい運動」として始まり、赤い羽根共同募金と して広く定着しています。 第1回の配分は、児童保護や育児事業などを重点に、民間の社会福祉施設や 戦災者・引揚者を支援する同胞援護会などの福祉団体や生活に困っている人たちの支援に生かされました。
その後も、公的な資金の及ばない民間の社会福祉活動を支えるために大きな役割を果たしています。
「赤い羽根」は、街頭や学校などで募金をいただいた際にお渡ししているものです。1948(昭和23)年の 第2回共同募金運動から使用され、共同募金のシンボルとなっています。そのため共同募金は「赤い羽根募金」とも 呼ばれます。

募金運動期間と活動展開方法

期間
  • 一般募金運動期間:10月1日〜12月31日
  • 地域テーマ募金運動期間:1月1日〜3月31日
活動展開方法
募金運動は、次のようなかたちでお願いします。
【戸別募金】
各家庭にお願いさせていただく募金です。
【法人募金】
法人(企業)などに呼びかけている募金です。
【職域募金】
企業・団体・官公庁など職域で従業員に呼びかける募金です。
【学校募金】
小中高の学校などで、組み立て式募金箱を活用して児童・生徒に呼びかける募金です。
【街頭募金】
駅前やスーパーマーケット、道の駅などで通行されている方に呼びかける募金です。
【イベント募金】
さまざまなイベントの会場でお願いする募金です。
【地域テーマ募金】
地域の課題の解決を応援する募金です。(毎年1月1日〜3月31日)
【災害義援金】
各地の災害に対する募金で、大規模の災害が起きた際に行われます。(随時)

東広島市での活用

私たちの町東広島市ではこのようなかたちで使われています。
  • 地区社協
  • 福祉体験学習
  • 地域サロン
  • 当事者団体
  • そよかぜねっと
  • ボランティアグループ
  • 東広島市被災者生活サポートボラネット
  • 福祉車輌の貸出
  • 社協だより「ふれあい」
  • その他、様々な福祉活動
地区社協

地区社協

地域サロン

地域サロン

そよかぜねっと

そよかぜねっと

東広島市被災者生活サポートボラネット

東広島市被災者生活サポートボラネット

社協だより「ふれあい」

社協だより「ふれあい」

福祉体験学習

福祉体験学習

【赤い羽根共同募金に関するお問合せ】
  • 東広島地区共同募金委員会  (082-423-2800)
  • 黒瀬地区共同募金委員会  (0823-82-2026)
  • 福富地区共同募金委員会  (082-435-2247)
  • 豊栄地区共同募金委員会  (082-432-2083)
  • 河内地区共同募金委員会  (082-420-7011)
  • 安芸津地区共同募金委員会  (0846-45-0201)